2020年2月11日火曜日

L型テーブル その3

「その3」となりこれでテーブルも完成かな。

CNCで板に丸い穴をあけ、柱に取り付けました。

そこに塩ビパイプを差込み、長物のストッカーの出来上がり。

長手方向には棚を設置。ここには半裁の革を置く予定。今までロール状の長い革の置き場所には苦労してました。(^^;
これでその苦労からも解放されます。先日、半裁の革を注文したばっかりなんです。

次はハンドプレスにもひと手間。
テーブルの上に置いたハンドプレス、ハンドルの握る部分が金属むき出しでは冷たいので革を巻いてカバーします。レザークラフトやってる人なら定番でしょう。
ただこのレバー、握る部分は途中まで円形断面なんですが先端部には段差があります。何でかな?って思ったらこれは操作を足踏みで行う際のリンク機構を付けるためみたいです。

段差があると革をきれいに巻けないので埋めちゃいましょう。
3Dのモデリングして(モデリングなんて代物では無いけど)CNCでサクっと削って...

レバーに取付。


これで革を巻き巻きしてクロスステッチ。
 
 これでハンドプレスも準備完了。

2020年2月2日日曜日

L型テーブル その2

テーブルの続きです。
クランプを外した板を持ってカインズの工作室へ。
周囲をトリマーでR面取りして、全面をサンダーがけ。

継いだ箇所がどこだかわかりません。

とはいえ、足は両サイドにあり継いだとこは強度的に一番きつい中間になるため
板の裏面に補強の梁を入れます。
梁の高さは60mm、うちのボール盤のストロークでちょうど一杯一杯。(^^;

ボルト止めにするため、鬼目ナットを山ほどネジ込みました。(^^;

週末、お天気が良かったので外でオスモカラーのノーマルクリアで仕上げます。

一晩おいてある程度乾いたので組立作業。

なかなかいい感じで出来上がりました。

ハンドプレスの作業は今後はこちらでやることにします。
スペースに余裕ができたのでハンドプレスを増設。(笑)
最近はバッグを作る事が多いので、下アームが浮いているタイプが欲しかったんです。
これだとバッグが組み上がってからのカシメ打ちが無理なくできるので。

これ用のベース板もサクっと製作。ちゃんとコマを収納できるように穴があいてます。
木工はこれでおしまい。また来週から革に戻らないと。(笑)

2020年1月25日土曜日

L字型テーブル その1

私の工房、ずっと置いてあった息子のベッドを処分したのでかなり広々と使えるようになっておりました。(カミさんには「余計な物を増やさない事!」と厳しいお達しがありましたが(^^;)
そのスペースにテーブルを置いてきれいに片付けようと思ってはいたものの、なんだかんだと忙しくてなかなか着手できませんでした。

時間があった分、材料検討、形状検討とかなり熟慮を重ね、どんどん手間の掛かる方へいってしまうといういつものパターン。(笑)
当初、天板の材料は友人に手配を頼む予定(タモとかセンとかの固い材)でしたがコストダウンのために安価なパイン集成材で済ますことに。(^^;

天板をL字形にする事に決まったので板継ぎが必要となり、ビスケットジョイント用のトリマーベースを新たに製作。ビスケットジョイント用のトリマービットは持ってはいたものの刃物の外径がφ40mmもあり、これまで怖くて使えなかった代物。(^^;
なので板の上に乗る部分を大きく取り、安定して使えるようにした訳です。

L字のコーナー部分には大きめのRを付けたい!って余計なこだわり。(笑)
CNCでテンプレートを製作し、それをガイドに30mm厚さの板を切断。
この接合部で板目が直交するのも私的には不可!(笑)なので板取りにもものすごくこだわりが入ってます。誰も気がつかないだろうけど。(^^;

ここまでカインズの工作室で作業して、帰って来てから板継ぎ工程。
厚みがあるのでビスケットは上下2段にしています。

接着剤をたっぷり塗って板を合わせて...締め上げ~
接合部の長手寸法が900mmもあり、そんな長いクランプは持っていないので、家にある物を総動員してなんとかする~っ。(笑)
板継ぎは接着部位を押さえつけるだけでなく、平面方向にも曲がりが出ないようにしないといけないので大変なんです。

続きはまた。

2020年1月12日日曜日

ちょっと遅れて謹賀新年(^^;

年明けからだいぶ日にちも経ちましたが、あけましておめでとうございます。(笑)
毎年恒例の材木屋さん詣で。
で、ここに着いてから「あ、しまった。バッグ付けて来るの忘れた~」(^^;
ま、いっか。

そして、このネズミの絵を見て思い出した。私は年男でしたよ。
3度目の成人式ってやつ?バキッ!!☆/(x_x)  

長い、と思っていた年末年始の休み、ダラダラと過ぎて行きました。(^^;
3D CADの勉強しつつ、難易度の高い両面切削に挑戦。
まずは表面の荒削り。

次に仕上げ削り。
 
表半分を削ったのち、材料を反転して残り半分を削ります。
位置がずれないようにあらかじめ位置決めのピン穴を開けてあります。
反転して裏面も削り完了。

ちょっと写真は暮れに試作した時のものだけど、こんな風にネジ穴を開けてここにコレットを取り付けます。
 
 完成の図。奥にあるのが試作品。手前が本命で、こちらは高価な「ピンクアイボリー」という木材を使っています。その木の中にピンク色になってる部位があるのですが、きれいにピンク色になっている部位は非常に少なく、希少材として取引されています。

あ、ちなみにこれは革の縫い穴をあけるための道具になります。(^^;
最近、頭の中で考えるばっかりでちっとも手が動いていない。なので仕掛品がいっこうに進まないのが困りもの。(^^; 

2019年12月30日月曜日

バッグ納品

29日は秘密基地忘年会。今回は土壇場で1日前倒しになったためか参加者数名。いつもの開放日のような感じでした。(^^;

ブロバッグ(これはdahonに付けるので厳密にはブロバッグじゃないんだけど)の納品です。
 

取付部分にはdahonの純正パーツ「ラゲッジトラス」を使っています。

ただ、ここで問題発覚。ハンドルを切るとSTIのレバーがバッグと干渉しちゃいます。
「え~!」でも、2ヶ月前にバッグの高さを決めるために現物で位置合わせしたよね?
そしたら依頼主のMさん「あ!それ忘れてステムをカットしてハンドルを下げました!」(爆)
もうバッグ側ではいかんともしがたいので、フラットバーとかブルホーンに替えるとかして回避して下さいね~(笑)

めったに無い機会なので2つのバッグを装着状態で並べて写真撮影。


 友人がドローンで撮影してくれました。youtubeに上がってます。→これ

さて、バッグの代金をいただいたので次の材料を仕入れにいこうかな。
まさに自転車操業だな。(笑) 

ちなみにこのバッグ、ご注文は受け付けておりません。工程が多すぎてこれだけに集中しちゃうと他の事が全く出来なくなる期間が長くなるため、パート毎に分割して作るという事をしています。そのため完成までの期間が長~くなります。(今回納品のバッグで約4ヶ月)
そのため注文を受けてしまうとそれがプレッシャーになってペース配分が狂ってしまうのでそれは避けたい。
マイペースで作って、出来上がったら購入希望者を募る感じにするつもり。


 


2019年12月15日日曜日

秘密基地でブロ調整

土曜日の夜はじて吉忘年会。30人くらいは集まったでしょうか。
私が知ってる人は10人以下かな?でも、こちらが知らなくても向こうは私の名前を知っているという不思議。(笑)

で、翌日曜日、私はもちろん朝練には行かず秘密基地へ。
飲んだ翌朝も早起きです。秘密基地のゲートがまだ開いてなかった。(笑)

家にいるとレザークラフトばかりで自転車をいじるヒマが無いので今日はブロの変速調整を行うべくやって来ました。
Bici Terminiオリジナルハブに交換して3速仕様になったのに、ロー側への変速がいまひとつ。何が悪いのかきっちり切り分けしないと対応ができません。
写真が無いけどブロの外装変速機のロー側一杯まで使っているのにプーリーがロー側のスプロケット位置まで送られていなかった模様。
なのでスプロケ内側にスペーサーをかましてスプロケ自体をトップ側へ移動させる事に。
何を入れたかって言うと、純正のチェーンガイドディスク。

これでプーリーは1~3速をカバーして動くようになったんだけど、1速から2速への変速が悪い。どうも変速ポイントが合っていないみたい。そういえばこのスプロケはバラバラの組み合わせなのでうまくないのかも。11、13、16Tの組み合わせなんだけど11-13の組み合わせがあるのは11-34Tのスプロケだけなんですよ。 その13Tを使っているんだけど、うちにあった11Tとは相性が良くないって事ですね。素直にその組み合わせで買う事にしましょう。(^^;

あ、うちのブロの変速はxshifter使ってますので、ギヤ間の微調整はスマホで0.1mm単位の設定ができます。(^^)v

帰って来てからじて吉へ行ってスプロケの注文してきたんだけど、今これ書いてて気がついた。間違って11速用のスプロケ型番書いちゃった。(^^;
電話したら店長も店長で、セットのスプロケの事だと勘違いして在庫があるので注文してなかったって。(笑)
10速用の型番調べてメールしといた。これで大丈夫。(笑)



2019年12月1日日曜日

今週の作り物

私の作業部屋のパソコン、CNC操作をしてる時と机の上で使う時とキーボードやマウス位置が異なってきます。机の上はいいんだけど、CNC側は物が一杯置いてあってマウススペースが確保できない。(^^;
普通ならば「お片付けしましょ」となるのだが、私の場合は「スペースが無いなら作ってしまえ!」(笑)

前にある箱(これは以前、自転車を収納してた箱なんだけどな)の天板裏にスライド式のスペースを作成。無駄に広く見えるのは家にあった材料を使ったため。(^^;
スライドレール(余ってた物なのでその長さに合わせたので大きくなりました)を横に寝かせて使うという掟破りな使い方。これでマウス操作もストレスフリー!

次は材料が揃うのを待って一時中断していた物を組み立てます。久し振りのハンダ付けと圧着端子付け。

このアルミケース、ケチってタカチとかの国内メーカー品を使用せず中国から買ってみた物です。できはソコソコで十分使えます。ただ、構造に難ありで本体が上下二分割になっているのはいいんだけど、分割部は横からスライドしてはめ込む形。ちょいと開けたい時にビスを6本も外さないといけないなんて。そのまま上にパカっと開けたら良かったのに。タカチのケースのように。

で、何を作っていたかというと...
いつぞや作った焼き印の温度調整装置。焼き印を押す際にあまり温度を上げると革が収縮するという事が判ったので、できるだけ低めの温度で安定させる必要があると考えたわけ。
で、焼き印は100℃を越える温度域で使うので、家にあった「エッチング液の湯煎温度調整装置(笑)」では温度域が合わない。100℃以上を計測するには熱電対を使わないと。そこでk熱電対、PID制御の温度調節器、温調器のON/OFF信号でハンダゴテを駆動するためのSSR(ソリッドステートリレー)を用意しました。

SSRの発熱対策のためヒートシンクを追加してます。次は焼き印本体にk熱電対を付けるためのネジを切らないと。

あ、革バッグも進めています。(^^;
私の縫い方は、あらかじめ4本目、2本目などの目打ちで穴を開ける位置をマークしておいて、そのあと菱ギリで1目1目、穴を貫通させて縫っていきます。 
エルメスの職人さんもこのやり方らしいです。やり方が同じでも仕上がりも同じとは限りませんが。(笑)